株式会社 荒 嘉
 所在地:東京都江戸川区東葛西5丁目2番14号
TEL:03-3869-2103(代) FAX:03-3869-2102
事業内容:不動産の売買・賃貸の仲介及び管理等の不動産業全般
少額短期保険「宅建ファミリー共済」代理店
公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会
公益社団法人 東京都宅地建物取引業保証協会 江戸川支部会員
株式会社日本住宅保証検査機構 登録ビルダー
宅地建物取引業者免許番号:東京都知事(8)第58013号
代表者:代表取締役 荒井 知久
従業員数:10名 
会社沿革
昭和61年8月19日 代表取締役荒井知久の父 悦三 が自らの資産を運用するために江戸川区葛西9丁目にて有限会社荒嘉を創設。主として自らの所有する駐車場・アパート賃貸を主体とする
平成8年3月 南葛西1丁目にミューズ南葛西が完成すると共に同所1階に南葛西営業所開設。この頃より、依頼を受けた不動産賃貸管理業務を手掛け始める。
平成9年9月29日 南葛西営業所を本店に変更
平成15年2月20日 株式会社荒嘉に組織変更
平成15年2月23日 荒井知久 代表取締役就任
平成15年2月末日 ミューズ東葛西完成と共に事務所を現在の東葛西5丁目に移転
平成18年 新築分譲住宅販売を開始
平成19年 社名ロゴ変更
  平成29年8月 宅建ファミリー共済保険の代理店として活動開始
社名「荒 嘉(アラカ)」の由来
 葛西は、昭和30年代まで漁業や農業を中心とした、のどかな町でした。
多くの網元や庄屋が取り仕切るこの町は、同性の一族も多く、そのため「家号(やごう)」というものを使ってそれぞれを区別していました。
「家号」は、その家長の名や姓と名を一文字ずつとって呼んだり、その家の特徴(例えば、大きな蔵のある家は「蔵(くら)」というように)で表した略称や通称名が根づいたもののようです。
現社長の曽祖父にあたる人が「荒井嘉平治」であったことから、一族は「嘉平治」と呼ばれていましたが、古くから親しまれ、地元に根づいた信頼を大切にしたいという気持ちをこめて、当時の家号を基に「荒嘉」となりました。
この心は今も変わりなく大切に受け継がれています。

また、社名が難しく、堅い(恐い?)印象を与えてしまうことから、平成19年から現在の社名ロゴを使用しています。